ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

耳をすまして

昔から、グループの端っことか、歌割りの少ないひとを

好きになる傾向がある私。

歴代ファンをしてきたひとは、歌割りが少ないってことが

多くて、自然と耳をすまして歌を聴く癖がついてしまった。

 

最近、よく聴いているのが関ジャニ∞の『アネモネ』。

村上さんの歌パートの多い歌。耳をすまさなくても

聴こえてくるのが嬉しくて。

何回も、何回も、しつこいくらいに繰り返し聴いている。

 

村上さんの歌声を聴きたければソロ曲を聴けばいいだけの

話なのだけど、もちろん、そう思ってソロ曲を聴くときだって

あるんだけど、グループの中で、探さなくても聴こえてくるのが

嬉しくて。

 

アネモネ』は曲調も好きです。まっさらな青空のような

底抜けに明るい曲調ではなくって、しっとりと、夕焼け空の

広がる中を自転車を漕ぎながら、あるいは歩きながら聴きたく

なる、しっとりとした曲調が好きです。

そんな『アネモネ』の持っている雰囲気が村上さんと合ってる

気がしています。本当は、底抜けに明るい訳ではなくって、

明るくもあるけれど、どこか暗い部分もあって。私の中で村上さんの

イメージはひまわりなのだけれど、夕焼け空みたいなひとだなとも

思っていたりします。青空のあとの、夜に向かう途中の夕焼け空。

 

いまさらな『アネモネ』なのは、ただたんに、去年、シングルが

何枚も出る状況の中、カップリングまで手を出せていなかったからです。

聴けてなかったなぁー。

だから今やっと、ちょっとずつカップリングを聴いています。