読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

呼び名

 

「メンバー間の呼び名について語って欲しい。」

と、ありがたいことに友人が言ってくださったので

今回は「呼び名」についてお話したいと思います。

(声かけてくれた友人ありがとう)

 

 

私は、村上さんがメンバーを呼ぶときの呼び名が好きです。

それも、「よそゆき」と「うちわ」での二通りの呼び名があることに

たいへんときめきます。

 

たとえば、「ヨコ」と普段は呼んでいる横山さんのことをよそ行き

では「横山さん」と呼び、「すばる」「しぶやん」と呼んでいる

渋谷さんのこともよそ行きでは「渋谷さん」と苗字呼び。

 

そこはただたんに、丁寧に話すべき場所だから、もしくは、ニック

ネームで呼んでも伝わらんだろうから苗字呼び……と言う何気ない、

当たり前なことなのですが、もうずぅーっと、長いこと一緒にいる

メンバーのことだからこそ、その「よそゆきの呼び名」と「内輪での

呼び名」があることにすごくときめくんです。

ときには、丁寧に話すべき場所で素でメンバーのことを内輪の呼び名

で話してるのを見たときにはもう……きゅんきゅんします。

 

 

村上さんのメンバーに対しての呼び名も好きなのですが、逆に

メンバーやまわりのひとが村上さんのことを呼ぶときに使う

内輪での呼び名、「ひな」もすごく好きです。

 

以前はその名前でばかり呼ばれておりましたが、そう呼んでくれる

ひともめっきり減ってきて、数えれる人数のひとしかその名前で

呼ばなくなってきました。

「村上」「信ちゃん」と呼ばれることの方が多くて。

 

そりゃ、「ひな」なんて呼び名、村上さんの名前をもじってない

ですし、一般の方からすれば「ひな?なにそれ?」の状態ですけども、

ジャニーズファンの間ではもはや、名前よりもしっくりきているような

気がするこの呼び名は、いつまでも残ってほしいなと思っております。

 

例えジャニーズファンの間だけだったとしても、名前をもじってない

ニックネームがここまで浸透しているのはすごいことだと思うんです。

ひな呼び、なくなってほしくないな。

 

 

TPOに合わせて変化する呼び名。

そのときどきの関係性を反映させる呼び名。

 

ただ相手を呼ぶだけの簡単な行為の上にある名前なのですが、

そこにはなにか、深いものがあると思うんです。