読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

倒置法

 

昨日発売の『オリ☆スタ』に『関ジャム 完全燃SHOW』の

ポスター撮影レポが掲載されております。

番組名にちなんで、ジャムの瓶の中へ!?な設定で行われた撮影では、

7人が長方形の箱のようなセットの中にギュムゥゥゥ~とすし詰め状態。

 

そんな中、丸山さんの胸元に頭を置く村上さん……なんて言う

素晴らしい構図のお写真が。しかも丸山さん、村上さんの頭を腕で

抱え込むような状態で……。腕まくらならぬ、胸まくら…。

 

そんな萌えたっぷりのお写真を、思わず丸山さんファンの友人に

送りつけました。すると、

「最近村上さん、丸山さんにものすごく甘えてるよね。」

のお返事が。

そんな話をしたあとでお写真をまじまじと見ながら、

「これって、丸山さんファンの友人と私の関係性みたい。」

と思ったりしました。

 

精神的な面で丸山さんに甘える村上さんの構図が、丸山さんファンの友人と

自分の関係性にすごく良く似ていたんです。

 

思い返してみると丸山さんファンの友人が多い私。関ジャニ∞さんのファンに

なって初めてできた友人も丸山さんファンだったと思う。

丸山さんファンの友人は、本当に、丸山さんみたいなのである。

あったかいのだ。あったかくて、見守ってくれて、それでいてすごく観察力が

ある。「かおちゃんってこうだよね。」って言われる一言が当たっている。

ある種の、母親やお姉ちゃんみたいな。すごくすごく近いところにいてくれて、

だからと言ってベタベタするだけの女性特有の感覚ではないかんじで。

簡単な言葉になってしまうのだが、居心地が良いのである。

 

「丸山さんに甘える村上さん」の構図はどこか、「丸山さんファンに甘える、

村上さんファン」の図式に似ている気がする。

 

「○○してくれてありがとう。」と言っても、「ん?何がぁ?」と至って

本人、何をした気でもないような丸山さんファンの友人。

「ふふふっ。」と笑いながら見守ってくれている友人。

丸山さんのことを「○○なところもあってねぇ、心配でねぇ。」なんて

言いながらも、「結局好きなんだけどね。」で文章を締める、そんな

丸山さんファンの友人が私は大好きなんです。

 

丸山さんのそばにいるのが居心地が良いって言う村上さんの感覚が、

今すごくわかるなぁ…と思った午前3時前でした。