読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

今会えるアイドル

 

昨日の朝、起きて携帯チェックしてビックリ。

まさかのエイトのイベントが決まってるじゃないかー!!

「んおっ!?」とベットから起き上がってパソコンの前に正座。

最初コンサートツアーだと勘違いしてたから開催地知って

余計にビックリしたよ。「え?これツアーの日程なの?」って。

イベントでございましたね…あー慌てた慌てた。

 

それにしても、8都市24公演で23万人を動員だそうで、

昨今5大ドームだの、スタジアムだのをやっている彼らですから

正直言って倍率高いのよねぇ。会場も…こう…なんと言うか、

バランス良く選択はされていないのです。

兵庫、三重、福井、長野、岩手、鹿児島、宮城、静岡…中四国どこだ?

あれ?私の地元はどこだ?どこだ?(中国地方民です。)

この夏も盛大なる遠征の匂いがぷんぷんするぞ!(笑)

 

 

「今会えるアイドル」がだんだんと「会いに行きにくいアイドル」に

なっていってるのは淋しいものです。

そう感じるのも二度目だったりしまして。

 

私は以前、嵐のファンをさせてもらっていたのですけども。

嵐のファンになったのは、嵐がハワイで船上記者会見をし、

嵐結成を宣言したあの日で。初めてのコンサートは2001年春に

行われました、嵐が春の嵐を呼ぶコンサートでした。それからしばらくは

ものすごく会えるアイドルだったんですよ。アリーナクラスのコンサートで、

4公演申し込んだら3公演当選して、

「あれ?1公演外れちゃったや。1公演分時間潰すのめんどくさいなぁー。」

って思ってたりしました。

そんな彼らコンサートチケットも、だんだんと倍率が上がって行きまして。

4公演申し込んで3公演当選なんて、夢のまた夢の、

「ありえないでしょ!?そんなの!!」

な状態になっています。

もちろん、そうなっていってるってことはイコール人気が出たと言うことで、

それだけたくさんの方が嵐を好きって思っているってことは喜ばしいこと

なんだけども、それでもやっぱり、だんだんと会える回数が減っていくのは

すごく淋しいことでした。

 

まぁ、「遠くの本命の彼より、近くの浮気相手」なんて良く言ったもんで、

それに近いような感覚でスルッ!と心持っていかれちゃったんですね。

関ジャニ∞さんに。

そんな簡単なもんでもなかったし、2年間悩んでのことだったんだけど、

まぁそのこと話し始めると長くなるから今回は置いておきます。

 

私が関ジャニ∞さんのファンになったときは、まだ今ほどの激戦では

無かったんです。さすがにファンクラブ1名義で複数公演当選が当たり前

ではなかったものの、それでも中にはそんなひとがいたって聞たし、

今よりは会えいたなぁって思います。

舞台に関して言えば、希望公演(複数公演)全部チケット確保できてた

しなぁ…と。ファンクラブ申し込みで取って、取れなかった分を

一般チケットで確保して、「よし!今年も希望公演のチケットは全部

取ったぞ!」なんて思っていました。

でも、今となっては5大ドームでも場所によっては超がつくほどの

激戦で。ただ、5大ドーム全部が激戦かって言われればそうじゃない。

地方ドームを埋めるにはまだまだ…でも、それくらいが追いかける側

からするとちょうどいいなぁって思っていたりするんです。

 

そんな風に思っていたら、ところがどっこい!!ですよ。

ここに来てまさかのアリーナにリターン!それもなぜか、小さいとこ

ばっかり!いやいや、キャパシティ考えてよ!と。

5大ドーム全部を思いっきり満杯にはできないにしてもよ、この縮小は

おかしいだろう!と思わずツッコんじゃうレベルのリターンだよ。

 

昨今は、思い通りに取れていた舞台のチケットも激戦になっている彼らです。

アリーナの、それもキャパシティの小さいところばかり選ばれたんでは、

チケット倍率は高いなんてもんじゃありません。

 

「会いに行けるアイドル(嵐)」がいつぞやそうでもなくなり、

ふとよそ見したら足元すくわれた状態で転げ落ちた関ジャニ∞

私にとって「会いに行けるアイドル」だった彼らがいつしか、

「会いに行きにくいアイドル」になりつつあります。淋しいものです。

 

ただそれは、それだけ関ジャニ∞を好きだと思ってくださる方が増えた

と言うことに他ならないのですが、それでもやっぱり淋しさは出てきて

しまいますね。

 

今回のイベント日程を見て、ご本人方のコメントを読んで、思うことは

多々ありますが、それはまだ気持ちも心もまとまらないのでまたの機会に。

 

ファンがこんなこと思っちゃいけないとは思うのですが、関ジャニ∞には

嵐までのビックスターにはなってほしくないんです。いつまでも、ふと

隣りにいてくれるような近さでいてほしいんです。

ビックにはなってほしいけど、スターにはならないでなんて矛盾たっぷりです。