ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

連戦、連敗

 

ジャニーズファンの間には「顔ファン」と言う言葉があります。

「バンドやアーティストに対して、曲ではなく容姿が好き」

と言う意味で、「顔のファン」、「顔ファン」と言うのである。

私は最初「顔ファン」でした。そのことがのちに自分を苦しめるのです。

 

 

私が村上さんのことを知ったときの衝撃はすごく大きいものでした。

くりくりしたぱっちり二重に、口から覗く八重歯、ショタ好きの私には

たまらないベビーフェイス……

「あぁ、世の中にこんなにも自分のタイプど真ん中の顔してるひとが

 存在していたりするんだ…。」

と、感動すらしたことを今でも覚えています。

 

そんなベビーフェイスが年を重ね、今度は大人の男の色香も兼ね備えて

しまったものだからこれまたいかに。女性的な中性的な顔立ちや、

外国人風な中性的な顔立ちよりも日本人らしい顔立ちが好きな私。

ご成長された村上さんは、それすらも兼ね備えられまして。

「あぁ、浴衣姿…和服姿たまらんな。」

なんて思っております。

 

そんな状態の、「外見がもろタイプ」なのは曲者でして。

何をされても、何があっても、あの顔と外見を見てしまったら

「…わかった。いいよ。」と許してしまいそうになるんです。

 

昨日の全国イベントツアーの知らせも、内容を読む限りでは

納得できず、あれこれと言いたいことが浮かんだのに、

新聞に掲載されているお写真を見て、前列で笑顔でパネル持ってる

村上さんを見てしまったら……

「あああ、その笑顔にはどこに行けば会えますか!?どこですか!?」

と瞬時に考え、夜の時点でだいたいの申し込みヶ所が決定している状態に。

 

…きっと私はこれからも、あの顔に連戦連敗なんだ。

何をされたって、あの顔で笑われたり、「すまん!」なんて言ってるのを

見た日には「はいはいはーい。今回も降参ですよーだっ!」と言わんばかりに

白旗を上げるのである。

 

「男前に女は弱い」

世の中そんなもんなんです。タイプど真ん中な顔には、誰も勝てんのです。