ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

キャンディークラッシュソーダがだいすきなっ……

 

1つの記事にまとめてしまおうかと思ったけども、

どうしたって長ったらしくなるので、分けた後半戦です。

 

キャンディークラッシュソーダのCMを見て以来、

「とにもかくにも、村子様かわいい!!!」

の脳内が妄想を繰り広げるので、勝手に想像妄想繰り広げた脳内を

そのまま書き出してみる。

 

 

……時代は昭和……

 

【勝手に考えた、村子ってどんなひと?】

 

・高校3年生

・生徒会会計

 (ちなみに、会長横子、書記すば子、)

 生徒会に入る気はなかったが、横子すば子にやんややんやと

 持ち上げられしつこく誘われ「仕方ないですわねぇ。」と入った。

・かわいい系、妹系、だけど案外しっかりしている

・…が、天然。お弁当を忘れ、横子に分けてもらったことアリ

・しゃべり方がすばらしく丁寧。

・社長令嬢。ゆえにお嬢様言葉。

・社長である父は、運転手付きの自家用車で送り迎えさせたいが

 (実際に高校に入って数週間は送り迎えだった)

 「友達と帰りたい。」と電車通学に。

 「切符ってどうやって買うの?」状態だったため、手とり足とり

 横子とすば子に教わった。

・お付き合いしたことがない。ゆえに、恋愛に鈍感。

・男の子にアプローチされても気づかない

 

 

【勝手に考えた、横子ってどんなひと?】

 

・高校3年生

・生徒会長

・誰もが認めるアネゴ肌

・女子バスケットボール部部長(強豪チーム)

・スポーツ推薦にて入学

・毎朝、自分+弟2人分の弁当をつくっている。

 そのため、料理が上手。

・身長高い、スタイル抜群

・男子からも女子からも人気がある。

・他校の男子高校生とお付き合い中(幼馴染)

・通学バックはエナメルのスポーツバック

・男まさりな性格。

・クールビューティー(見た目だけ。中身スポーツ少女。)

 

 

【勝手に考えた、すば子ってどんなひと?】

 

・高校3年生

・生徒会書記(だけど、ぼーっとしていて書くの忘れること多々。

 そのたびに、村子に「すば子さん!板書!」と言われる。)

・卓球部幽霊部員。(友達に頼まれて入部届け書いたが、

 部活動には出ていない。)

・なかなかなフシギちゃん。

・主語だけでしゃべること多々。

・美人ゆえに、告白されること多々。だが、そのたびに

 「私、横子、好き。」と言うため、一部ではレ○疑惑が。

 ただたんに、めんどくさくなり近場の人間の名前をあげただけ。

 (「もーやめてよー!私の名前使うの!」

  「横子、好きなの、本当。」

  「もぉー!!」)

 

 

 

【三馬鹿ものがたり】

 

社長令嬢ゆえに近寄りがたい雰囲気だった村子のもとに、

「なぁ、あなた社長令嬢なんだって?」と横子が話しかけ友達に。

話してみると、「なんだ、最寄り駅隣りじゃないの。」なんて展開に。

「よかったら、友達になって。」と。

 

そんな、横子に「この子、私の同中の子。すば子言うの。仲よくしたって。」

と紹介されたのがすば子。「あらぁ、綺麗なひとですね。」と言うとじっと

見つめてくるすば子。「私すば子。よろしく。」とだけ言って手を差し出す

すば子。同じクラスの3人組の出来上がり。

 

 

~村子、お弁当忘れ事件~

 

天気の良い日の昼休み、いつも通り屋上に集まる3人。

しかし、お弁当を広げる横子すば子の隣りで水筒からお茶を注ぎ、飲む村子。

「あれ?お弁当は?」

「…忘れたの……。」

「アンタのことやから、家に電話したら運転手が持ってくるんちゃうん?」

「そんなことできないわよ。悪いもの…。」

「…しゃーないなぁ。ほら!私の食べなよ!」

「え!そんな……。」

「いいの!私さっき授業中にパン食べてたから、もうお腹いっぱいなのよ。」

「横子さんに悪いわ。」

「遠慮しないの!残すか、あなたが食べるかだったら、あなたが食べた

 方がいいでしょう?」

「…本当にいいの?……ありがとう。」

「どういたしまして。」

「横子やさしい……。私にもくれ。」

「こぉら!すば子!卵焼き取らないの!」

「ふふっ。いいですのよ。すば子さん、卵焼きどうぞ。」

「あー…すば子が食べたんじゃ、私がお弁当あげた意味が…。」

「横子さんのお弁当、おいしいですわ。」

「そりゃ…どうも。…ね、お弁当忘れたの気付かなかったの

 普通、家の前あたりで気づくでしょ?」

「ん……お弁当袋…軽いなぁって思ったんです…。

 今日はサンドウィッチなんだろうなぁって……。

 お弁当ないのに気づいたのさっきなので…。

 袋開けてみたら水筒しか入っていなくって……。

 そりゃ軽い訳ですよね。」

「(…いや、もっと早く気づけよ。袋の形とかで分かるだろ…)」

「村子、天然。おばかさん。」

「そうですわねぇ。もう、いやになっちゃいますわぁ。」

「おばかさん、ウィンナーくれ。」

「だから、すば子が食べたら意味ないでしょぉー!!」

 

…チャンチャン。

 

 

お酒を飲み、酔っ払った勢いで書いたが、書き逃げとはこのことなり…。