ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

むらかみさん と キーボード

 

新曲『強く 強く 強く』がバンド曲であったり、新番組『関ジャム

完全燃SHOW』ではセッションがあったりしまして、ここのところ

村上さんがキーボードを弾かれる姿をよく目にします。

 

それと同時に、震えている村上さんの手もよくお見かけします。

 

村上さんと言うと『THE MUSICDAY』での『カヴァ✩コラTV』にて

手を震わせながらもピアノ演奏をしていた姿はよく知られるところだと

思います。あれから月日は経ち、コンサートやテレビ等で演奏することも

度々ありましたが、今でも緊張はするんでしょうね。映った手元が震えてる

と言うのをよく見ます。

そんな姿を見るたびに、「がんばれぇ~!!」と拳を握っています。

 

「趣味で楽器に触ることはない。」「仕事で演奏することがあれば練習する。」

そうおっしゃっておられて、日常的にキーボードに触れている訳でない様子で。

最近は、いきなり仕事で弾く機会がどっと増えたので、自然と練習する機会も

増えたんだろうなぁと思います。

 

技量や上手いか下手かで言えば、決して技量がある訳じゃないですし、

上手い訳でもないかもしれません。ただ私は村上さんが一生懸命キーボードや

ピアノを弾いている姿が好きなんです。真正面から向かっている姿が好き

なんです。好きで始めた訳ではない。言わば、グループのためで。でも、

始めてみたらその魅力に惹かれた。そんな状態で。

 

『関ジャム』では、サポートキーボードの方がついておられて、流れてくる

キーボードの音が村上さんの出されているものなのか、サポートの方のもの

なのか、毎回村上さんの手元を見ながら探り探りで聴いています。

村上さんの音を探しながら見ているものの、まだまだセッションでキーボードの

音がよく聴こえる楽曲のときは、怖くなってしまう。トチっちゃわないか、

音がズレないか、和音は綺麗に出るのか……いつも手に汗握りながら余裕なく

見ています。見る側が余裕なくてどうするのよ(笑)

 

関ジャニムズコン最終日公演、京セラドーム大阪でスポットライトを浴びながら

キーボードを弾くあなたの姿を私は一生忘れないだろう。会場内には、ただ、

キーボードの音だけが響いていて、他に音なんてなくて。持っていたうちわを

握り締めながら、知らず知らずのうちに泣いていた。それがどんな感情だった

のか今でもわからない。切なくて、苦しくて、不安定で。

でも、愛おしかった。

 

決して器用にこなせるタイプではない。不器用である。とくに手先が(笑)

丁寧なようで、ビックリするところが雑である。大雑把である。

そんなひとが、一生懸命、手を震わせながら、繊細な楽器を弾いている姿

だからこそ私は好きなんだと思う。

 

『関ジャム』でセッションの場に村上さんがいるのを見つけたとき、

とても緊張するけれど、同時に微笑ましくなるんだ。あっ、いた!って。

 

村上さんのキーボード。好きだなぁ……って、今ホットミルク飲みながら

しっくりと思いました。