読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

RAGE に見る 王子様

 

こんにちは、するめだです。

昨日の耐久Disc鑑賞は、全部見ることはできず、MC集の札幌・東京・名古屋

を見たところで就寝致しました。そして本日、疲労の中起床。

あー、見続けることに疲れるほどたくさんの映像をDisc化して頂けることに

感謝の気持ちでいっぱいです。心地良い疲労です。

 

 

 

 

今回は、そんな『関ジャニ’s エイターテインメイント』ツアーDiscより

とにもかくにも、『RAGE』!!!

 

 

最初『RAGE』を聴いたときに、

「こんなにもたくさん、村上さんの声が聞こえる曲が存在するんだ。」

と感動しました。

ソロパートと言えば2番で、歌番組で歌われることは少なく、

いざコンサートで歌うとなっても歌われないことだってある。

文字数数えて見たって、時間気にしてみたって、やっぱり短いソロパート。

その繰り返しに悔しくなってしまったり…。

 

そんなときに耳した『RAGE』。

いつも以上にどころか、1番でも2番でもサビでも、聞こえる村上さんの声。

 

RAGEの意味は、激しさ、猛烈、猛威、熱望、渇望、激怒。

あぁ、村上さんらしい、、、なんてふと思ったりもしました。

 

「欲がありすぎるのかもしれないけれど、シングルカットされないかな。」

と、「できればCDメイン曲、そうじゃなくてもカップリングに…。」

そう熱望していたけれど、アルバム収録曲となりました。

 

「この曲をコンサートで演るのであれば、踊って欲しい。」と熱望しましたが、

トロッコでの移動曲に使用されました。

 

「もうちょっと…。」「あとちょっと。」

ファンは欲張りなものだから、そう思ってしまうんです。

 

 

 

そして今回の『関ジャニ’s エイターテインメント』ツアーでも

セットリストに『RAGE』が。

関ジャニ∞とは、こう言うものです」と体現しているかのごとくな

セットリストに『RAGE』が入っていることがたまらなく嬉しかった。

「また移動曲だったら…。」と思った矢先、移動曲ではないことを知りました。

 

そして、名古屋ドームで実際に目にした『RAGE』に目が潤みました。

 

f:id:kaori0929:20170510125329j:plain

f:id:kaori0929:20170510125353j:plain

 

真っ赤な衣装を身にまとい、

ひとりバックステージに伸びる花道を

歩かれる村上さんがそこにいた。

 

f:id:kaori0929:20170510125450j:plain

f:id:kaori0929:20170510125509j:plain

 

今回のステージ構成は、真ん中にメインステージ。

そのメインステージから四方に伸びるサブステージ。

つまり、サブステージは4つ。

『RAGE』ではメインステージを使用しなかったので、

メンバーは4つのステージにバラけて移動。

自然と、2人、2人、2人、1人と言う分散になる。

 

f:id:kaori0929:20170510125653j:plain

 

その、”1人”が村上さんだったの。

 

 

 

f:id:kaori0929:20170510125815j:plain

 

その、

”村上さんたった一人で”向かった先が

バックステージだったの。

 

 

 

f:id:kaori0929:20170510130016j:plain

 

たったそれだけのことなのかもしれない。

コンサート構成の中で見ても、大きな出来事ではなかったのかもしれない。

 

でも、私の中ではとてつもなく大きな出来事だった。

奇跡のような、だけど紛れもない幸せな事実だった。

 

f:id:kaori0929:20170510130126j:plain

 

ねぇ、聞いて、、、

 

f:id:kaori0929:20170510130548j:plain

 

自担がたったひとりで、

バックステージ陣取って歌ったの。

 

 

 

 

f:id:kaori0929:20170510130632j:plain

f:id:kaori0929:20170510130654j:plain

 

メインステージからまっすぐ伸びるバックステージ。

せり上がりの円形ステージの上に村上さん。

歌われるは、自身メイン曲『RAGE』。

 

気づいたときには、私は泣いていた。

あぁ、私の見たかった姿がそこにある…。

心の底からそう思った。

 

私はこれが見たかったんだ。

私が渇望していたのは、これだ。

 

f:id:kaori0929:20170510130920j:plain

 

グループに在籍し、センターを張るタイプのひとではなく。

横からそっと、ひとを支える役で。

縁の下の力持ちと言えば聞こえがいいかもしれないけれど。

 

「自分は、関ジャニ∞の扉です。」と言っちゃうひとで。

「僕を知ることで関ジャニ∞を知ってもらって、”関ジャニ∞はこちらです”

 ”どうぞ見てってください”ってするのが自分。」なんて言って。

そんなあなたに、「そのドアの前で立ち止まってる私はどうすればいいの(笑)」

なんて思ったりしていた。

 

常にセンターを張っていたら、ソロパートが毎曲多かったら…

それは村上さんじゃないよな…なんて思ってしまうけれど、

それを諦めている訳じゃなく、いつか…私はそう思っていた。

 

f:id:kaori0929:20170510131424j:plain

 

関ジャニ’s エイターテインメントツアー 『RAGE』。

このツアーで、名古屋公演と大阪公演を見させて頂きましたが、

この曲は他のメンバーがどこに、どのようにバラけたのか…覚えていなかった。

 

毎公演、食い入るように、一瞬も逃すまいとバックステージを見つめていたから。

 

f:id:kaori0929:20170510131713j:plain

 

本当に、泥くさいひとです。

がむしゃらなひとです。

ありのままなひとです。

 

35歳男性がひとりでバックステージで歌った。

 

そんなことで、泣かせれるようなひとです。

些細なことすらも、”やっと…”そう思わせるひとです。

当たり前が当たり前ではないんです。

 

でも、きっと、だからこそ好きなんだろうな…とも思うんです。

 

f:id:kaori0929:20170510132012j:plain

 

いろんな気持ち、いろんな意味、

今までの葛藤も切望も熱望も渇望も全部ひっくるめて、

「やったったね。」

そう思えた、

関ジャニ’s エイターテインメントツアー

『RAGE』でした。

 

 

 

===ランキングへ参加させて頂いております↓↓↓===


よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ   ジャニーズブログランキング