ゆずみつサワー

今日も、お酒片手に更新中…

フトコロノカタナ

 

こんばんは、するめだです。

ただ今『フトコロノカタナ』を見終わりました。

見終わっての感想…まではいきませんが、私的雑記を書きたいと思います。

 

 

 

 

 

こんなこと言うと怒られる方や不快に思われる方がおられるかもしれないので、

あんまり大声では言えないんですけど、私『フトコロノカタナ』を

見る気はなかったんですよ。

メンバーがそれぞれ今現在の普段見せない一面を見せたインタビュー映像と

聞いて、あぁこれ見れないやつだわって直感的に思いまして。

アルバムを予約したときには特典映像の詳細(映像)までは知らなかったので、

『フトコロノカタナ』が収録されている初回限定盤Aも予約したんですけど、

詳細を知ってからこれは見れないやつっだなーって思って。

 

昨日このアルバム『ジャム』を受け取って、昨日のうちに一緒に特典映像として

収録されている『青春のすべて』MVは見たものの、『フトコロノカタナ』に

ついては一切触れませんでした。見ませんでした。

 

うまく言葉にできないんですけど、怖かったんですよね。見るのが。

30代中盤になって、いろんな意味で見て岐路だとは思うんですよ。

若者ではなくなってきていて、中年に足の先をやっと入れたような年で。

変化ある年齢だと思うんです。

それこそ、良い意味でも悪い意味でもいろいろなことを話せる年齢になって

きている。

そんな彼らをひとりひとり呼び出してインタビューして、

しかもアルバム特典映像と言う、”買わなきゃ見られない映像”だとしたら

いろんな本音が溢れるだろうなと。

 

私は、関ジャニ∞のファンになって8年目なんですけど。

一方的にですが、8年間、見させてきてもらっていて。

8年見てたって現実って怖くてね、目の色ひとつとか、目の表情とか、

顔の表情筋の使い方とか、そんなののひとつひとつで察知してしまいそうに

なるんですよ。

もちろんそれはあくまで、私の「こう思ってんじゃないか。」って言う

予想でしかないんですけど、今まで見てきた、自分の中での統計学に基づいて~

とかアホなこと考えると受け止めきれなくなっちゃうんですよ。

私、キャパシティ狭い人間なので。

 

彼らの、今の本音を、受け止める自信が無かったんです。

 

見ないって思ってました。本当に。

 

 

でも、今日、ふとTwitterを見てみると

「『フトコロノカタナ』良かった~。」

って言う感想が多くて。

検索かけてみたんですけど、絶賛の声ばかりだったんです。

もしかしたらこれは、私にも見れるやつなんじゃないか?と思い、

勇気を出して見ました。

 

それでも、見るのに緊張しました。

お酒入れながら見ました。今発泡酒、2本目です(笑)

 

全部ひとまわし、見ました。

見て良かったのか…うん、なんか、見れたって言う現実が良かったかなって

思います。上から目線な言葉なのが申し訳ないんですけど。

 

抽象的な言葉を使って言うひともいれば、分かりやすくストレートに言葉を

ぶつけるひともいたり、しっとりと言葉を紡ぐひともいたり。

彼らの『フトコロノカタナ』に収録されている言葉すべてを理解することは

できなかったけれど、一通り全部耳に出来てよかったなって思います。

 

ただ、繰り返し見ることは当分ないだろうなって思います。

キャプチャはしたいな~って思ってるんですけど(村上さんが可愛らしかったので)

それもいつになるかは分かりません。

もう見たくないって言うんじゃないんですよ。今一通り見て、初見で感じている

この気持ちのまましばらく寝かせたいなぁーって思うんです。

漬物のように、しばらくこの気持ちを寝かせたいと思います。

 

 

まだうまく、受け取ったこの気持ちを言葉にはできないんですけど、

関ジャニ∞もファンも一緒なんだなぁと思いました。

同じこの日本と言う国に生きて、一生懸命仕事をして、頑張って生きている。

なんか、同士って思ってもいいのかなって。

そう思うのはおこがましいことだとは承知の上なのですが、

「お互い頑張ってんね。」「お互い頑張って行こうな。」

って、そう思ったんです。

私も頑張るし、あなたたちも頑張って。そんなあなたたち見て、

私はもっと頑張るから…って。

 

こんなん思うのはもっとおこがましいとは理解しているんですけど、

1回ご飯行きたいっす。関ジャニ∞さんと。

飲みに行きたいです。

お酒入れながら、あーだこーだとしゃべりたいです。

ファンとかとっぱらって、人間対人間の部分でそう思いました。

…いやー、私何言ってんでしょうね。

 

 

 

関ジャニ∞は、お兄ちゃんです。私にとって。

そして、憧れです。

あなたのように、あなたたちのようになりたいと言う目標です。

 

私のフトコロノカタナ、その1本は間違いなく、関ジャニ∞です。

 

 

 

===ランキングへ参加させて頂いております↓↓↓===


よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ   ジャニーズブログランキング